クロスの種類について

今回はクロスの種類について書きたいと思います。

種類によって特徴が違うので参考にしていただければと思います。

①ビニールクロス

クロスの中でも多用されているビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主な素材としています。
ビニールシートに紙などを裏打ちしたものです。
ほかの素材に比べて安価で、安定した品質と耐久性に優れています。
また、メンテナンス・掃除が簡単で、色とデザインも豊富です。

 

②織物クロス

レーヨン・絹・麻などでつくられるクロスを織物クロスといいます。
ビニールクロスよりも高級感・重厚感があり、ホテルや美術館などのパブリックスペースで使われる素材です。
ホコリを吸着しやすいデメリットがあるため、定期的な掃除・メンテナンスが必要でしょう。

 

③紙クロス

和紙・ケナフなどの非木材紙を原料としたクロスです。
音を吸収し、空気を通す紙の特徴を生かし、環境・健康への配慮もなされている素材として注目を浴びています。

 

④その他

ほかの素材には、紙と珪藻土(けいそうど)を混ぜた「珪藻土壁紙」、金属とガラス繊維が原料の「無機質壁紙」などがあります。
ほかにも、薄くカットした天然木やコルクを紙を張り合わせた「木質系壁紙」など、多種多様です。


一覧ページに戻る