ノジリのマメ知識

洗面所のDIY

最近ではDIYでリフォームをしようと考えている人も少なくはないです。
そこで、DIYリフォームでできること・難しいことを少し書きたいと思います。

○DIYでできること
・鏡の交換
・蛇口の交換(簡単なもの)
・収納用品の交換
・照明(蛍光灯)の交換

 

○DIYでは少し難しいこと
・洗面台の補修・交換
・収納ラックなどの増設
・照明(電気設備)の交換
・壁紙・床材の交換
・その他配管関係・電気関係工事

 

~簡単なDIY方法~
○備品の交換
鏡や照明(蛍光灯)をホームセンターなどで販売されているものと交換します。
新品に換えるだけで、洗面所の印象がだいぶ変わるでしょう。
サイズや型をしっかり確認してください。

○収納用品
洗面所のデッドスペースに細長い棚などを置くことで、洗面所をより使いやすくできます。
出しっぱなしでごちゃごちゃしがちな洗面所を、スッキリ整理できるでしょう。
棚を購入する際は、幅・高さ・奥行きなど、しっかり採寸してください。


洗面所のリフォームについて

洗面所の耐用年数

洗面所の耐用年数は、給排水設備を含め15年となっています。
しかし、洗面所の使用頻度や状況は、家族の人数によって全く異なりますので、15年より早く寿命が来ることもあります。

 

~以下のような症状がある場合は、リフォームや交換をおススメします~

  • ・給排水に問題がある(水漏れなど)
  • ・汚れや不便さが目立ってきた
  • ・家族構成が変わった(小さな子供・お年寄りなど)
  • ・ケガや加齢により、今までの洗面所が使いにくくなった
  • 洗面所は、毎日使う場所ですので、清潔さや利便性に問題がある場合はリフォームを検討したほうがよいでしょう。
    毎日少しずつストレスを受けてしまうことになります。

 


クロスの選び方

種類が豊富なクロスの中から最適なものを選ぶためには、部屋のイメージ・場所・色・全体のバランスなどが主なポイントとなります。
中でも、クロスを使う場所には注意が必要です。
湿気の多い部屋では、クロスにカビが生えてしまうことがあります。
カビは衛生面においても人体に悪影響を与えるため、ダイニング・脱衣所・トイレなどでは防カビ効果のあるクロスを使ったほうがよいでしょう。
また、玄関・階段・リビング・廊下など人通りが多い場所は、一般的なクロスよりも強度が高く、破れにくく傷がつきにくいタイプがおすすめです。
どのような雰囲気にしたいのかイメージした上で、場所別にクロスを選んでください。

 

~最近の傾向~

近年は、環境と健康によいクロスを選ぶ方が増えています。
クロスのインクに含まれる可塑剤(かそざい)・張るときに使う接着剤にホルムアルデヒドが含まれていると話題になりました。
ホルムアルデヒドは、シックスハウス症候群の原因と考えられているため、日本塗装協会や各メーカーはホルムアルデヒド対策を施した製品を中心に販売しています。
再生紙を使った製品など、環境に配慮したクロスも人気が集まっているようです。


クロスの種類について

今回はクロスの種類について書きたいと思います。

種類によって特徴が違うので参考にしていただければと思います。

①ビニールクロス

クロスの中でも多用されているビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主な素材としています。
ビニールシートに紙などを裏打ちしたものです。
ほかの素材に比べて安価で、安定した品質と耐久性に優れています。
また、メンテナンス・掃除が簡単で、色とデザインも豊富です。

 

②織物クロス

レーヨン・絹・麻などでつくられるクロスを織物クロスといいます。
ビニールクロスよりも高級感・重厚感があり、ホテルや美術館などのパブリックスペースで使われる素材です。
ホコリを吸着しやすいデメリットがあるため、定期的な掃除・メンテナンスが必要でしょう。

 

③紙クロス

和紙・ケナフなどの非木材紙を原料としたクロスです。
音を吸収し、空気を通す紙の特徴を生かし、環境・健康への配慮もなされている素材として注目を浴びています。

 

④その他

ほかの素材には、紙と珪藻土(けいそうど)を混ぜた「珪藻土壁紙」、金属とガラス繊維が原料の「無機質壁紙」などがあります。
ほかにも、薄くカットした天然木やコルクを紙を張り合わせた「木質系壁紙」など、多種多様です。


クロスの張り替えについて

①クロスとは

壁紙とクロスは同じものです。
壁紙の種類には、ビニール製もあるのでクロスとも呼ばれています。
天井・壁紙などに使われることが多く、内装用の材料としては必要不可欠なものです。
主な素材は、布・ビニール・和紙などがありますが、近年はさまざまな種類が登場しています。

 

②張り替え時期

クロスは耐用年数が約5~10年といわれています。
クロスは一生そのままというわけにはいきません。
経年劣化によって色あせたり、タバコなどのヤニがついたり、においが残ったりするなど、クロスが古くなります。
汚れが目立ち始める前に、クロスを新しく張り替えることをおススメします。

 

③このような症状が出れば張り替えのタイミング

・壁・天井の汚れが目立つ
・クロスの色が変わってきた
・表面がケバ立ち、たわみ・シワが出てきた
・クロス表面にカビが急に生えてきた
・壁・天井にヒビができた、または穴が開いている
・壁神の継ぎ目に汚れがたまってきた
・防水性能・消臭性能がなくなってきた

 

④張り替えのメリット

新しいクロスに張り替えることで、見た目も気分もリフレッシュできます。
古く汚れが目立つほど家の中が暗くなるものです。
また、壁紙の汚れや傷みを放置すると、下地まで傷んでしまうおそれがあります。
下地が傷んでいる場合は、補修が必要になるので余計に費用がかかってしまうのです。
費用を抑えるためにも、早めの張り替えがおススメです。